書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
思想
変わるものとかわらぬもの
書籍・作品名 : 変わるものと変わらぬもの
著者・制作者名 : 遠藤周作  
11月のねこ   40才   女性  





 遠藤周作さんと聞くと、なにやら難しい本を書いた人というイメージが頭から離れない。
 しかしこの本はどこにでもいる、おじさんの目線で書かれていて、難しいさは一切なく、読みやすい。親近感すらわいてくる。
 退職した暇を持て余す男性を高齢者の介護人として、積極的に採用し、働ける人は家でボーっとしないで社会のお役に立つなど。

 出版された時代は昔だが、現代に読んでも違和感がない。
 エッセイなので、人間性がシンプルに伝わって、遠藤周作さんの色を感じることができる。
 これをきっかけに、遠藤周作さんの他のエッセイも読み進めている。






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約